レビューはありません
III 放射線治療の最新動向 2.イメージガイド下放射線治療(IGRT) サイバーナイフの性能と新技術-当院における使用経験を踏まえて

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】「CyberKnife」(サイバーナイフ)は,1994年,スタンフォード大学Adler博士により発案された定位放射線治療システムである1)(図1)。国内には97年に初めて導入され,当院では2001年から治療を開始した。2003年,薬事申請上の問題により治療休止となったが,「CyberKnifeII」として再承認を受け,2004年11月に治療を再開した。現在,国内で21施設,海外では100以上の施設にて稼働中であり,臨床症例数も世界で4万症例以上となっている(2008年9月現在)。体幹部治療への導入状況冒頭の (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~29件/29件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。