レビューはありません
4.NSF(腎性全身性線維症)の現状と対応

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】MRIに,血管内投与のガドリニウム(Gd)造影剤が臨床に使用されるようになったのは1988年のことで,これまで全世界で2億症例以上の造影検査がなされてきている。Gd造影剤は,当初からX線検査で使用されている水溶性ヨード造影剤と比較し腎毒性の低い安全性の高い造影剤であって,急性の重篤なショックやアナフィラキシー様症状の発現は約10万件に1件(5/68万7255)とされている。そして,腎機能低下症例への安全性が報告され,急性あるいは亜急性腎毒性の少ないことが報告されている。

  • 500(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 5pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~22件/22件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。