レビューはありません
I 肝4.FD,DynaCT,3Dワークステーションを用いた肝細胞がん・転移性肝細胞がん治療-三次元画像を血管系インターベンションにどう生かすか【千葉県がんセンター】

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】血管造影においては,I.I.(イメージインテンシファイア)によるDSAにより,血管情報を短時間で容易に取り出すことができるようになったことでインターベンショナルラジオロジーが発達し,一般化してきたと言ってもよいだろう。モダリティの進歩が診療を変える良い例と言える。それに加え,わが国からAnigo-CTシステムが導入され,肝細胞がんの診断,治療に大きく貢献してきた。今日においてもその有用性は変わらない。しかしながら,Angio-CTシステムは導入費用が高く,また,CTの稼働率が低いという問題がある。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~19件/19件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。