レビューはありません
MODEL CASE いかにして地域連携にITを活用するか 3.電子化地域連携パスと地域ぐるみの糖尿病疾病管理-日本版Regional EHRをめざして

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに2008年度から,新たな地域の保健医療体制として地域医療連携を基盤にした4疾病対策の1つに糖尿病が取り上げられた。この背景には,糖尿病患者の急増がある。これまでインスリン療法を必要とするコントロール困難例の治療は,主に地域の中核病院の糖尿病専門医に委ねられていたが,糖尿病患者の急増により,中核病院の糖尿病専門外来のみでは対応しきれず,糖尿病の地域医療連携体制の構築が急務となっている。糖尿病の医療連携は,脳卒中や急性心筋梗塞などの医療連携とは異なり,連携する病院とかかりつけ医の間で診療情報を共有し,同 (...)

  • 500(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 5pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~12件/12件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。