レビューはありません
【ホルモン療法 最近の話題】 女性ホルモンの測定とその臨床的意義

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】女性ホルモンであるエストロゲンは、女性の一生とともに大きく変化する。思春期になるとその分泌は増加し、性成熟期においては卵胞発育の指標として排卵期に測定される。閉経周辺期では卵巣機能が急激に低下し、更年期障害がみられる時期の卵巣機能を判断する指標として用いられる。また、ホルモン補充療法を施行した場合、血中エストロゲン濃度が適切な範囲に存在するかどうかを判断するために測定する。老齢期における低濃度のエストロゲンの意義について、骨粗鬆症や脂質代謝異常との関連などが注目されており、今後感度の高い測定系を用いてその測 (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~19件/19件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。