レビューはありません
【卵子をめぐる最近の進歩】 ヒト卵体外成熟の近況と将来

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】未熟卵体外成熟体外受精胚移植法(IVM-IVF)は、IVF-ETに遅れること16年、1994年にPCOSに対する不妊症治療の一環として開発された。ゴナドトロピン注射をほとんど必要とせず、OHSSの懸念がなく、さらに肉体的、時間的、精神的また経済的負担が少ない本法をPCOSのART選択肢に入れる施設が徐々に拡がりをみせている。しかし従来のIVF-ETに比べ、使用頻度はまだまだ低い。その最大の要因は、不妊専門医間での認知度の低さにあると思われる。IVM培養液の改良と技術的改善により、近年PCOSでの妊娠率は刺激 (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~19件/19件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。