レビューはありません
【産婦人科医に必要な乳腺疾患の知識 良性疾患と乳がんの鑑別診断を中心に】 乳腺腫瘤の症候と診断の進め方

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】最近の画像診断の進歩に伴い、基本的な診断手段である視診・触診が軽視されている。本稿では、乳腺腫瘤を認める疾患の症候と診断の進め方について、良性と悪性の鑑別点を中心に述べた。乳腺腫瘤を主訴とする疾患は、悪性では乳癌が代表で、良性疾患では乳腺線維腺腫、乳管内乳頭腫、葉状腫瘍、乳腺症(嚢胞)、脂肪壊死、異物性肉芽腫、乳腺炎などがある。それぞれ特徴的な所見をもっており、診察はその所見を発見していく作業である。一般的な診断手段は、問診、視診・触診、画像診断、細胞診、組織診の順に進められる。各診断手段の要点について述べ (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。