レビューはありません
【ホルモン療法UP TO DATE】 低用量経皮エストロゲン製剤と動脈硬化

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】近年、エストロゲンにはその質と量およびその対象により動脈硬化に促進的な作用と抑制的な作用があることが明らかになってきた。結合型エストロゲンは、IHD抑制作用を有する一方、動脈硬化促進作用も兼ね備える。経皮E2は抗動脈硬化作用を有するがatherogenicな作用は認めない。経皮E2製剤には通常量と低用量があるが、低用量E2は通常量E2に遜色ない効果が期待されるだけでなく、その副作用の少なさから有用な治療法である。低用量経皮吸収エストロゲン治療は積極的に検討されるべき治療法であると思われる。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~20件/20件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。