レビューはありません
脳研究の散歩道 薬理学の変遷

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】古典的薬理学から分子薬理学へこの小稿では,私自身のたどってきた研究の流れを通して,薬理学の変遷について述べてみたい.私が大学院で薬理学の研究にかかわるようになったころから,比較的最近まで,わが国の薬理学領域は,有名な研究室がそれぞれ,神経伝達物質,個別神経機能などで,各々の看板を掲げ,それらを頂点とした系統図で構成されているようなものであった.

  • 700(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 7pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~22件/22件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。