レビューはありません
【疼痛研究の新展開:基礎研究者の視点】 神経障害性疼痛におけるグリアの関与

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】SUMMARY末梢知覚神経が損傷されると,アロディニア(正常では痛みに感じない軽微な触刺激をも激痛として誤認してしまう病態),疼痛過敏,自発痛などを主症状とする神経障害性疼痛という史上最悪の痛みが起こることがある.その発症メカニズムを検討したところ,病態モデル動物脊髄では,ニューロンとともに,ミクログリアあるいはアストロサイトなどのグリア細胞にさまざまな遺伝子発現や蛋白質修飾が起こり,痛み情報伝達や脊髄後角神経回路網に可塑的な変化が起こることがわかってきた.本稿では,それらグリア細胞の機能変化とアロディニア (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。