レビューはありません
時計遺伝子とリズム異常

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】SUMMARY社会の24時間化・グローバル化に伴い,交代性勤務や長距離旅行に伴う不眠・時差ボケが社会問題化している.一方,睡眠リズムを司る体内時計に関する研究は最近10年の間に大きく進んだ.これにより複数の時計遺伝子が同定され,これらが構成する“転写のセルフネガティブフィードバックループ”が概日リズムの本体であることが明らかにされた.今では,主となるループ以外にもサブループの存在が報告されているほか,機能修飾に関わる分子も複数報告されている.

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。