レビューはありません
海馬グルタミン酸作動性神経に対する抑肝散の作用

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】SUMMARY抑肝散は認知症患者の周辺症状に有効であることが示された。しかしながら、そのメカニズムは不明である。周辺症状に海馬グルタミン酸作動性神経の異常な興奮性が関与し、抑肝散がこの異常な興奮性を抑制することにより行動異常を改善する可能性がある。今回、低亜鉛食ラットをモデルとして用い、抑肝散のグルタミン酸作動性神経に対する作用を検討した。低亜鉛食飼育したラットの海馬を100mMKC1で刺激すると、海馬細胞外グルタミン酸濃度は以上に増加したが、この増加は抑肝散の経口投与により抑制された。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~17件/17件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。