レビューはありません
標的神経細胞の樹状突起の可視化:(I)軟固定大脳皮質への細胞内色素注入法

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに神経細胞の樹状突起形態を調べる方法としては、1世紀以上に渡り、今日でもゴルジ法が有力な手法である。さらに、最近では、ジーンガンまたは遺伝子改変技術により遺伝子またはビーズを神経細胞に導入し、蛍光発色を用いて神経細胞形態を可視化することも可能である。しかしこれらのいずれの手法も、実験者が望む一つ一つの細胞を選んで染色することはできず、どの種類の細胞がどのくらいの数や密度で染まるかは偶然に任せる要素が大きい。ひとつの組織切片の中で染まる数が少なければ例数を集めるのが難しく、多ければ、異なる細胞の樹状突起 (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~17件/17件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。