レビューはありません
統合失調症の長期予後を見据えた薬物療法について

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】SUMMARY統合失調症治療では当事者の生活回復を常に目指していく必要がある。そのため、急性期治療においても単に顕在化している症状を抑えることにとどまらず、長期予後を視野に入れた処方設計が求められている。そのためには現在我が国で使用可能な6種類の第二世代抗精神病薬を中心に、急性期と維持期とにおいて調和のとれた治療戦略を構築しなくてはならない。急性期から維持期まで一貫した薬剤選択を行う場合は、適切な増強療法とレスキューを見極めて行わなければならない。一方、急性期から維持期への段階的な薬剤選択を行う場合は治療者 (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。