レビューはありません
気体メディエーターとしての硫化水素の神経機能

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】SUMMARY硫化水素(H2S)は、一酸化窒素(NO)および一酸化炭素(CO)に続く第3のガス状情報伝達物質として、哺乳動物の生体内で機能していることが最近明らかになった。神経系においては、H2Sは神経細胞の生死に影響を及ぼすだけはでなく、海馬の長期増強現象、痛みの情報伝達、神経分化などに関与することが示されている。H2Sは、チトクロームc酸化酵素、ATP感受性K+チャネル、T型Ca2+チャネルを含む多様な分子に直接あるいは間接的に作用するため、その機能は複雑であるが、創薬のための新しい標的分子としての期待 (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。