レビューはありません
オレキシンの生理機能:睡眠・覚醒ステージの安定化機構

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】SUMMARYオレキシンは1998年にオーファン受容体のリガンドとして同定された新規神経ペプチドであり、当初、摂食行動の制御因子として報告された。その後、オレキシン産生神経の異常(変性)がナルコレプシーの病因であることが明らかになった。ナルコレプシーは睡眠・覚醒状態の各相、つまり覚醒、ノンレム(non-REM)睡眠、レム(REM)睡眠の各スナージが適切に維持できないことを特徴とする睡眠障害である。日中の過剰な眠気や睡眠発作を主訴とすることが多いため、過眠症に分類されることが多いが、その本態は覚醒が適切に維持 (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~21件/21件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。