レビューはありません
ブレイン・マシン・インターフェイス 研究の現状と展望

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】SUMMARYブレイン・マシン・インターフェイス(BMI)は、「脳の信号を直接読み出して外部機器を操作するシステム」として、ラットやサルを用いた動物実験モデルとして研究が進展してきた。そして脳波を用いた非侵襲型BMIは既に一部ヒトを対象として実用化され始めている。さらに米国では運動野でのマルチニューロン活動記録を用いた侵襲型BMIも臨床試験が開始されている。一方でこのような「出力型BMI」だけでなく、BMIの研究開発は入力型BMIなど、様々なバリエーションに広がりを見せている。日本国内での研究開発はスタート (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。