レビューはありません
看護外来の実際 移植後患者指導外来 臓器移植後患者,造血幹細胞移植後患者を対象とした外来での指導

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】臓器移植および造血幹細胞移植の現状平成9(1997)年10月に「臓器の移植に関する法律」が制定され,心臓停止後の腎臓や角膜の移植に加え,脳死からの心臓,肺,肝臓,膵臓,腎臓,小腸の6臓器の臓器移植が可能となった。平成22(2010)年7月に改正された臓器移植法が施行されたことにより,本人の意思が不明な場合でも家族の承諾があれば臓器提供ができるようになり,15歳未満の人からの脳死後の臓器提供も可能になった。また,親族へ優先的に提供することも可能となった。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~8件/8件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。