レビューはありません
特別寄稿 3.11東日本大震災 東日本大震災における大学病院災害看護 とっさに行なわれた看護行為に焦点を当てて

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに当大学病院がおおよその日常を取り戻した現在,3.11の大地震その時と,それに続いた自ら被災しながらの一連の看護活動は,夢の中で行なったことのようにも思える。幸いなことに当院の病棟は,耐震構造を誇る建築物として新築されていたため倒壊することはなく,患者1人と家族がかすり傷を負った以外,職員含めて全員無事であった。停電についても,直ちに非常用電源に切り替わったので,治療上,大きな混乱はなかった。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~17件/17件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。