レビューはありません
【看護リーダーが失敗から得たこと】 各論 助産外来の評価にかかわる中堅助産師の自律した活動を支援する

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに分娩取り扱い施設の減少が相次ぐ中,安心・安全で快適な出産の場の提供が急務と考えられ,厚生労働省は平成20年6月「安心と希望の医療確保ビジョン」を策定,医師と看護職との協働の充実をあげた。助産師の専門性を発揮し,自律した活動のもと正常産を扱う「院内助産所」「助産外来」の開設を推進する方向に世の中は動き,それに伴い当院も平成21年10月に「助産外来」を開設した。大学病院としての機能上,対象者はハイリスク妊婦が多く,助産外来受診者の条件として医師の許可を得たケースを対象とした。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。