レビューはありません
〈総論〉自立を目指した看護の役割

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】1依存から自立へ看護のなかで,患者の「自立」が考えられるようになったのはそう古いことではない。病気を治すことが医療の主たる目的であった頃には,患者が動けない,自分でできない状態であれば,看護師は患者に替って援助することが役割であった。自立よりむしろ患者の依存が病気回復への必要な手段でもあった。たとえば,意識がない状態(全身麻酔)で手術が施行され,急性期は床上安静が指示されるようにである。そのような状態に対応するには,看護は患者に対して細かな気配りで,献身的に援助することが求められていた。その過程で看護師の資 (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

無料キャンペーン実施中!

書籍一覧

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。