レビューはありません
【看護業務改善の評価 その1】 尿量モニタを用いた排泄ケアの質の評価と成果 -残尿減少を目指した個別ケアの取り組み

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに利用者の尊厳と快適を求めて,排泄ケア5か条,尿量モニタ(以下,ゆりりん(R))と3日間の膀胱容量,ノム・ダス・ハカル調査票,気づきシートをもとに,排泄ケアを実践している。繰り返し測定し,アセスメントを行ない,個別排泄時間,陰部洗浄方法,排泄コントロールのための食物繊維摂取量,パッドサイズの見直しと,コストなど排泄介護基準に沿って継続的にケアプランを改善しながら,評価と成果を確認している。その中で残尿の多い利用者が,尿路感染症や排尿漏れとなることが明らかになった。そこで,尿路感染症の既往のある3名を対 (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。