レビューはありません
患者のこころの声を聴く -ICU看護の体験を糧に看護の意味を問う お別れの日に

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】ICUに入室された患者さんの中には,どれだけの医療と看護を施しても,死を迎えてしまう方もいます。私は,ICUに入室するということは極めて生命の危機的状態であるものの,それでも死を迎えることのないように,合併症を予防し,治療を円滑に提供し,より良い看護で快適な生活ができるように取り組むことが,ICUの看護だと思ってきました。しかし,時として患者さんは死を迎えてしまいます。まだ経験の浅かった私は,ICUというネーミングにこだわり,何が何でも患者さんの命を救う,積極的な治療をするところだと思い込んでいたように思い (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。