レビューはありません
【実践場面から学ぶコミュニケーションスキル】 各論 小児と家族とのコミュニケーションのあり方を考える

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに小児看護の対象は,新生児から家族までと多岐に亘り,コミュニケーションの方法も様々である。小児におけるコミュニケーションンには,(1)発達途上にあり,言語認知能力,記憶,その他の表現力など個人差が大きいこと,(2)健康状態に大きく左右されること,(3)環境の影響を強く受けること等の特徴がある。そのため,小児とのコミュニケーションは難しく,小児の発達段階に応じたコミュニケーション方法を修得する必要がある。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。