レビューはありません
【女性下部尿路症状診療ガイドライン】 女性下部尿路症状とその疫学・QOL

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】日本排尿機能学会大規模疫学調査(40歳以上)では、排尿症状の尿勢低下、排尿後症状の残尿感が男性で頻度が高かったのに対し、蓄尿症状の腹圧性尿失禁は女性の頻度が顕著に高かった。尿失禁の頻度は男性17.6%、女性43.9%と性差が大きく、骨盤底脆弱化による腹圧性尿失禁の多さが寄与した。下部尿路症状の中でも、蓄尿症状はQOLをより大きく低下させる傾向がある。男性で最も困る症状は夜間頻尿、女性では夜間頻尿と腹圧性尿失禁が同等であった。下部尿路症状の評価には、妥当性の検証された症状・QOL質問票を用いることが推奨される (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~11件/11件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。