【耐性菌Up Date-疫学・耐性メカニズムから臨床症例まで】 話題の耐性菌感染症の実際 多剤耐性緑膿菌(MDRP)感染症

750円 (税別)

獲得ポイント 8pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】多剤耐性緑膿菌(MDRP)とは、一般にフルオロキノロン系薬、カルバペネム系薬、アミノグリコシド系薬の3系統に耐性を示す緑膿菌である。フルオロキノロン系薬やカルバペネム系薬に対する耐性は、ペニシリン系薬を中心とした抗菌薬適正使用で、多くは回避可能である。アミノグリコシド系薬の耐性はプラスミド性である可能性が高く、隔離を前提として対応すべきである。保菌と感染症を区別して、きちんとした診断をした上での抗菌薬投与と普段からの感染制御活動が特に重要である。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 750 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】多剤耐性緑膿菌(MDRP)とは、一般にフルオロキノロン系薬、カルバペネム系薬、アミノグリコシド系薬の3系統に耐性を示す緑膿菌である。フルオロキノロン系薬やカルバペネム系薬に対する耐性は、ペニシリン系薬を中心とした抗菌薬適正使用で、多くは回避可能である。アミノグリコシド系薬の耐性はプラスミド性である可能性が高く、隔離を前提として対応すべきである。保菌と感染症を区別して、きちんとした診断をした上での抗菌薬投与と普段からの感染制御活動が特に重要である。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧13冊の書籍

1~13件/13件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。