レビューはありません
【抗菌薬ブレイクポイントを再考する】 日本化学療法学会ブレイクポイント作成委員会としての方向性

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】日本化学療法学会のブレイクポイントは呼吸器感染症、尿路感染症、敗血症の病態に分け、薬物動態や薬剤の特性を考慮して作成されており、我が国の臨床に則したブレイクポイントとなっている。しかし近年PK-PD理論が臨床現場に浸透し、抗菌薬の投与法が変化してきたことから、日本化学療法学会のブレイクポイントとの間に差が生じている。こうした違いを補正し、日本化学療法学会のブレイクポイントの長所である臓器移行性を勘案しながら病態に応じたブレイクポイントを作成していくことが今後学会に課せられた課題と思われる。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。