レビューはありません
臨床編 耳鼻咽喉科領域におけるバイオフィルム感染症

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】要旨感染症の治療において、検出菌の薬剤感受性に合致した抗菌薬を投与しても、十分な除菌効果が発揮されず、感染が反復・遷延し治療上問題となることがある。その原因の1つに細菌のバイオフィルム形成による難治化が挙げられる。耳鼻咽喉科領域においても、中耳炎・扁桃炎・副鼻腔炎などでしばしば治療に難渋することがあり、我々はバイオフィルムの関与を強く疑い、走査電子顕微鏡にてバイオフィルムの形成が確認できた症例をしばしば経験している。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。