レビューはありません
診断法の進歩 マルチプレックス-リアルタイムPCRを用いた感染性胃腸炎ウイルスの網羅的検出法の開発

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】要旨冬季の感染性胃腸炎ウイルス6種をマルチプレックス-リアルタイムRT-PCR法を用いて網羅的に検出する方法を開発した。ノロ以外のウイルスについて保存性の高い領域にプライマー・プローブを設計し、2003年に報告されたノロウイルス検出系に各2種類ずつ付加することで2ウェル6種類の同時検出が可能となった。測定作業の効率化のためにアデノウイルスについては他のRNAウイルスと同様に逆転写反応液から検出できることを確認した。臨床検体を用いた従来法との比較試験についても結果は良好であった。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。