レビューはありません
Hibワクチンの現状

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】要旨Hibワクチン普及により、b型インフルエンザ菌による重症感染症の予防、中でも最も頻度の高い細菌性髄膜炎の制御が期待される。本疾患は特に1歳前後での罹患が目立ち、乳児早期にワクチンを接種しておくことが大切である。Hibワクチンは生後2カ月から接種することができ、DPTなど他のワクチンと同時に別々の部位に接種することも可能である。現状では任意接種であるが、今後は定期接種化を目指したい。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。