若年期の長期肥満は中年期動脈硬化に関連:解説「肥満の期間と冠動脈硬化との関連:日本でも肥満対策の重要性を再認識」

400円 (税別)

獲得ポイント 4pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】〈背景〉若年者では生涯を通じた過剰な脂肪蓄積への累積曝露が増大しつつある。しかしながら、長期の肥満がもたらす結果を検討した研究は少ない。〈目的〉全身・腹部肥満の期間が冠動脈疾患の予測因子である冠動脈石灰化(CAC)の10年進展度と関連しているか否かを検討する。〈研究デザイン・設定・参加者〉地域住民対象の多施設共同コホート研究CoronaryArteryRiskDevelopmentinYoungAdults(CARDIA)の一環として、1985~86年の登録時に18~30歳で全身肥満(体格指数[BMI]30kg/m2以上)、腹部肥満(男性:腹囲[WC]102cm超;女性:腹囲88cm超)のいずれにも該当しなかった白人、黒人3,275人に関する前向き研究。15、20、25年目の追跡調査時にCTによりCACの有無を検出した。追跡開始後2、5、7、10、15、20、25年目に計測したBMIとWCから、全身肥満と腹部肥満であった期間をそれぞれ算出した。

カゴに追加 400 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】〈背景〉若年者では生涯を通じた過剰な脂肪蓄積への累積曝露が増大しつつある。しかしながら、長期の肥満がもたらす結果を検討した研究は少ない。〈目的〉全身・腹部肥満の期間が冠動脈疾患の予測因子である冠動脈石灰化(CAC)の10年進展度と関連しているか否かを検討する。〈研究デザイン・設定・参加者〉地域住民対象の多施設共同コホート研究CoronaryArteryRiskDevelopmentinYoungAdults(CARDIA)の一環として、1985~86年の登録時に18~30歳で全身肥満(体格指数[BMI]30kg/m2以上)、腹部肥満(男性:腹囲[WC]102cm超;女性:腹囲88cm超)のいずれにも該当しなかった白人、黒人3,275人に関する前向き研究。15、20、25年目の追跡調査時にCTによりCACの有無を検出した。追跡開始後2、5、7、10、15、20、25年目に計測したBMIとWCから、全身肥満と腹部肥満であった期間をそれぞれ算出した。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧11冊の書籍

1~11件/11件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。