レビューはありません
メラトニンは神経発達障害児の寝付きを改善:解説「患者の特徴に合わせた、効果的な薬剤の選択を」

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】〈目的〉神経発達障害児における重症睡眠障害に対するメラトニンの有効性・安全性を評価〈研究デザイン〉無作為化、二重盲検、プラセボ対照、第III相試験。〈設定〉イングランドとウェールズにある病院19施設。〈対象〉神経障害および発達障害に加えて、重症睡眠障害を有する3歳~15歳8カ月の小児146人を、メラトニン群とプラセボ群に無作為に割り付けた。睡眠障害は、消灯後1時間以内に入眠しないか睡眠持続時間が6時間未満の場合とし、重症睡眠障害は、非薬物的介入(標準化された睡眠行動治療に関する助言を記載した小冊子を親に配布)によっても改善が認められない場合とした。

  • 400(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 4pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~13件/13件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。