レビューはありません
輸液の塩化物制限は急性腎障害発生を減らす:解説「塩化物制限輸液の有効性の機序解明が必要」

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】〈背景〉従来式の塩化物を制限しない(liberal)輸液投与は急性腎機能障害(AKI)を助長する可能性がある。〈目的〉重症患者において塩化物を制限する経静脈的輸液戦略とAKIの関連について、塩化物を制限しない輸液戦略と比較する形で検討する。〈研究デザイン・設定・患者〉オーストラリア・メルボルンの大学付属病院・集中治療室(ICU;1施設)において、対照期間(2008年2月18日~8月17日)に入室した連続患者760人および介入期間(2009年2月18日~8月17日)に入室した連続患者773人を対象とする前向き、非盲検、逐次期間比較、パイロット試験を実施した。

  • 400(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 4pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~12件/12件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。