書籍の詳細

都で連続盗難事件が相次ぐ中、その事件が巷で流行っている“暦”に関係すると気づいた道真は、陰陽寮に足を踏み入れるが――平安クライムサスペンス、葛藤の第8巻!

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

応天の門のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • バディものはお好きですか?
    色事、多少の荒事おまかせナイスミドルな在原業平と、ヤングスーパーエリート三白眼気味ツンデレ菅原道真とのバディものです。
    ※注 BLではない
    夢枕獏氏の「陰陽師」が好きならこれもきっと好きになれる!はず。
    在原業平と菅原道真の史実の運命を知っているからこそ、これからどうなるか、やっぱり色々と悲劇ルートなのか、ヒヤヒヤしながら緊張感が高い状態で話に入っていける訳です。業平と高子姫の悲恋や藤原一族のドロドロ権力闘争もしっかり描かれております。
    「陰陽師」がこの世の不思議を不思議としてアプローチするなら、こちらは本家シャーロック・ホームズに対するシャーロックのように、在原業平の機知と菅原道真の知力を駆使した、もう少し実践的現実的アプローチなのです。
    でも、どちらにしても事件を引き起こしたり人を変えたりするのは、憎しみにせよ恨みにせよ愛にせよ執着にせよ、人の強き情動、想いだったりするのです…。
    関係ないけど、構造や時代考証をきちんと知って描かれた和装マンガ、大好きだあ!
    • 参考になった 15
    投稿日:2016年09月09日