書籍の詳細

慈善パーティーの余興でタロット占いをしていたリアノンは、自分に向けられた強烈な眼差しを感じていた。舐めあげるような執拗な視線――。その視線の主と目が合った瞬間、甘く官能的な戦慄が彼女を貫いた。彼はリアノンに近づくと彼女と自分の未来を占うよう命じた。出てきたカードは“恋人”…。男はそれを満足げに見つめ、困惑する彼女を弄ぶように言った。「1か月以内に君を僕の物にする。奪ってくれと跪かせる」

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

百パーセントの男のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 百パーセントの男
    当初コメディ作品としてお願いしたこともあり、打ち合わせ中、『ドSヒーローの婚約者も実はドSとわかって円満破局でどうでしょう?』、『SMエッチ現場に踏み込むシーンは見開きモザイクで!』と大いに盛り上がった作品です。最終的には内容を濃ゆくすることを優先させ、コメディ要素は抑えて上記シーンはすべてカットしてしまいましたが、その甲斐あって思わず生唾飲み込む出来栄えとなりました。新しい自分を発見したい方、ぜひご一読くださいませ♪  (※全年齢対象作品です!)
    投稿日:2012年07月20日