書籍の詳細

もうすぐ夏休み。梅雨の晴れ間の朝。お母さんが黄色い花を花瓶に挿している。「おはよう」の挨拶だけでその事について私たちは特に何も話さない。いつも通りだ。先に登校する蒼介を無言で見送る。蒼介もいつも通り。でも本当は違う。約束の時が、刻一刻と近づいて来る。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

弟の顔して笑うのはもう、やめるのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 義姉弟
    本当の姉弟ではないんだけど、背徳感がいっぱい。せつなくなったり、キュンとしたり、この作者さんの世界に引き込まれます。心臓の悪い現役高校生で小説家でもある西条くんが、いい味出してるんだけどね~。めちゃくちゃ私のタイプ。簡単に死なせないでほしいです。最後は弟とくっつくのかな~。それだと面白くないので、別の展開を期待して☆5で。
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年03月22日