書籍の詳細

時は江戸――。京都の大商家「鷲羽屋」の次男坊・世之介は暇と金を持て余し、女遊びに明けくれる日々を送っていた。世之介の乳母・つやは、そんな世之介を案じる。江戸の支店へ「修行」と称して出向させられる世之介だったが……? 井原西鶴の古典「好色一代男」を人気作家・葉月つや子が超カゲキにアレンジ! 注目の鷲羽屋シリーズに待望の続編が登場!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

好色一代男異聞 鷲羽屋みだれ帖のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 好色一代男異聞 鷲羽屋みだれ帖
    井原西鶴の名作『好色一代男』を、官能絵師・葉月つや子先生が過激にアレンジ!! 京都の大店・鷲羽屋(わしゅうや)の次男坊として生まれた世之介(よのすけ)は、暇と金を持て余し、女遊びに明け暮れる日々。自分の乳母であるつやを手はじめに、未亡人、遊女と、誰彼かまわず手を出して、放蕩の限りを尽くす。女の煩悩と男の征服欲がぶつかる、淫靡な葉月ワールド全開な一冊です。
    投稿日:2015年08月28日