書籍の詳細

「今、この家に帰ってこなきゃいけないのが、すごくすごくうれしい――」……子供の頃、むかいの基(ひろ)の家に入りびたっていた真魚(まお)。その家に行くと必ず元気になれたから。数年後……父の再婚で家に居場所がなくなった真魚は、両親を亡くして以来、独りで家を守る基の家に住まわせてもらうことになったけれど……!?年の差幼なじみ2人の、明るく切ないラブストーリー!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

たいようのいえのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 父親が再婚してからというもの、自分の家に居場所がなくなった真魚(まお)と、事故で両親を失い、さらには弟と妹とも引き離されてしまった長男・基。二人はあるキッカケで基の両親が残した家で2人一緒に暮らすことに!初めはただの幼馴染の関係だった二人ですが、時間をかけてじっくりゆっくりと気持ちを変化させていく模様がとても丁寧に描かれていて、すごくかわいくて、ほっこりします。出てくるキャラクターみんなにそれぞれの想いや悩みがあって、こうやってすれ違っていくんだなーと共感する場面もあったり…。タアモ先生の作品はいままで短編が多かったのですが、初の長期連載でこのクオリティ!無駄に話がつなげてあったりすることなく、ゆるやかに読めるストーリーになっていると思います。
    • 参考になった 4
    投稿日:2013年05月17日