著:ジェフリー・ディーヴァー 訳:池田真紀子

文藝春秋

ジャンル:ミステリー

731円 (税別)

8ポイント獲得(1%)

  • カゴに追加

eBookJapan発売日:2014年11月07日

スリーピング・ドール 下の内容

シリーズ書籍一覧 2冊を配信中

スリーピング・ドール 下の詳細

ユーザーのレビュー

一覧を見る

(4.0)

投稿日:2016年11月19日

洗脳が解ける人、解けない人 ネタバレあり

ひねりを持たせるためかもしれないが、最終的に洗脳から逃れられた登場人物とそうじゃない人物の差というか、「何が」それぞれを分けたのかに触れて欲しい気がした。特に終盤、ある行動を「しなかった」登場人物については唐突な変容に見えた。一般化できるものではないにしても。
一番の洗脳装置は教育と家庭という気がしないでもない。
それが「良識」として作用するうちはともかく…
思わぬ伏兵が2人いたが片方には全く気付かなかったので唸らされた。
また、純粋な信念が尖鋭化したときほど恐ろしいものはない、というのには全く異論がない。カルト、洗脳する側の悪だけではなくその被害者側、裁く側の悪も掘り下げているのは二律背反ではなくリアリティを感じる。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。