書籍の詳細

つまんない喧嘩して付き合ってる奴が出て行った。帰って来ないし、部屋はきたねーし、家賃一人じゃ払えない。終わりを認めたくない気持ちが積もって、部屋から出られない。そんな八方ふさがりな状態の伊智(いち)のぽっかりあいた隙間に、いつの間にか入ってきた爽やかイケメン間男の槝伊(かしい)。あいつがしてくれなかったことをいろいろしてくる間男の存在に困惑する伊智。頭も部屋も全部ぐちゃぐちゃで、ぐちゃぐちゃすぎてなにも…。乱されたペースとカラダ、落ち着く先は――?

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

汚部屋住人の顛末のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    今までで一番最高のBLでした!素晴らしいです。
      今まで様々なBL本を読んできましたが、こんな本に出会ったのは初めてです。
     「汚部屋住人の顛末」の1話は茶髪の青年、槝伊(攻め)が黒髪の青年、伊智(受け)をゆるやかに落としていくお話なのですが、槝伊のゆっくりと時に強引に伊智を誘惑する姿、大変萌えさせて頂きました。
     伊智もすっごく健気で、そんな所に槝伊も惹かれたのでしょうか。槝伊の伊智に対する瞳の熱っぽさですごくよく伝わってきます。
     槝伊の伊智にするギリギリのスキンシップや、甘く少しずるい攻め方に翻弄される伊智が、すごく可愛いです。

     ふんわりと柔らかな物腰ですっと伊智の心に入り込む槝伊ですが、2話の槝伊視点でそんな彼も中々掴めない伊智に対して焦れったい気持ちを抱いていたことがわかります。
     突然転がり込んできた間男から伊智の恋人に昇進したい、と思うばかりに、頭の中がごちゃごちゃして迷走してしまう槝伊がすごく可愛かったです。伊智のことが大好きなんですね。
     自分の「伊智をオトす戦略」も何もかもがぐちゃぐちゃになって、伊智のうんともすんとも言わない態度、伊智の元カレへの愛情に対する強烈な嫉妬に振り回されてしまう槝伊。1話の伊智視点ではあんなに伊智を翻弄していたのに、槝伊も沢山頭の中でぐるぐるしていたんですね。
     槝伊が伊智が元カレとどこまで進んだのかをすごく気にしていて、彼の中を占める元カレの存在を自分で塗りつぶしてしまいたい、早く自分のものにしたい、という焦る気持ちと、ゆっくりゆっくり、彼の心を自分に向けさせるという槝伊の頭の中の「戦略」の対比、矛盾がものすごく丁寧に表現されておりました。素晴らしいです。
     
    書き下ろしはそんな二人の初めてのセックスです。普段笑顔を絶やさない槝伊が伊智との初めてのセックスに夢中になっている姿、伊智の怖い顔をした槝伊に少し怯える姿、本当に恐ろしく萌えました。
    ラストも大変素晴らしいです。どんな事を言っていても、槝伊の笑顔はすごく可愛いらしいですね。

    他には、「箱の中のあおぞら」「ほうたいのうみで、」が収録されておりました。個人的にはタイトルの「汚部屋住人の顛末」に非常に感銘を受け、感動しました。作者様、この作品を生み出して頂き本当にありがとうございました。
    失礼致します。
    • 参考になった 4
    投稿日:2016年01月23日