レビューはありません
秘密 上

1961年夏、サフォーク。少女だったローレルは偶然、恐ろしい事件を目撃する。突然現われた見知らぬ男の胸に、母がナイフを突き立てたのだ。ローレルはショックで気を失ってしまう。男は死亡し、その正体は当時、近隣に出没していた連続強盗犯と判明。ローレルの証言もあり、母の正当防衛が認められた。ローレルは、あのとき男が近寄りながら「やあ、ドロシー、久しぶりだね」と母に声をかけたことを警察には話さなかった。男は母を知っていたのだ。そして母も男を知っていた。彼は誰だったのか?2011年、ロンドン。国民的女優となったローレルは、死期の近づいた母の秘密をさぐりはじめる。なぜ、母はあの男を殺してしまったのだろう?彼と母のあいだに何があったのか?そして、母の本にはさまっていた写真の見知らぬ女性は誰なのか?その本に残された署名・ヴィヴィアンとは誰の名なのか?『忘れられた花園』に勝るとも劣らぬ謎が、読者を新たなる迷宮に誘う。

  • 1667(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 17pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。