平均評価(5.0 レビューを見る
くろアゲハ (4)

信愛とのバトルを経て、旗揚げ集会に漕ぎ着けたエイラたちOZ二代目。伝説のOZ復活を一目見ようと集まるギャラリーの中に、ある特別な単車が停められていた。Z1000R1、ツインプラグのローソンレプリカ。かつて“松戸苦愛”の松岡英二が駆ったモンスターエンジン。OZ復活と同時に、かつての宿敵・松戸苦愛も動き出したというのか。カギを握るのは“五代目”を名乗る辻音遥――!

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

書店員のレビュー

加瀬あつし先生の最新作はなんとあの『カメレオン』の完全続編! ホンのチョットだけオトナになった相沢や椎名、“OZ”の面々が再び見れるなんて……! 『カメレオン』直撃世代としては感無量です! ただし主人公は現役高校生・英太。OZの面々はあくまで“OB”的なスタンスで彼に絡んでいきます。ヤンキーでもなんでもない、フツーの高校生・英太がなぜ相沢や椎名に気に入られたか? それは、英太にはちょっとした秘密があるのですが、その秘密を通して、相沢たちが英太のなかに“ヤザワ”を見たから。このへんの展開がたまりません! ヤザワ並みのハッタリと、ヤザワとは違う種類の根性で周りを魅了していく英太の今後が楽しみです。ちなみにヤザワは現在南米で行方不明だそうで。加瀬先生お得意の言葉遊びも健在! 『カメレオン』世代必読ですよ!
  • 参考になった 1

ユーザーのレビュー

匿名希望

(5.0)

投稿日:2015年01月15日

カメレオンファン必見

カメレオン終了後も加瀬作品は読み続けてきましましたが正直どれも物足りなさを少し感じていました。
カメレオンの正式な続編であるこのくろアゲハを読んでみると、カメレオンの最盛期の頃の面白さ、勢い
がブランクすっ飛ばしてそのままこの作品に直結されているように感じられます。
「ああ、これだよ、これ」という感覚を持っていただける方はきっと多いはず。
  • 参考になった 7

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。