やっぱり九条が戦争を止めていた

1250円 (税別)

獲得ポイント 13pt (1%還元)

「憲法を国民の手にとり戻せ!!」集団的自衛権行使容認へと突き進む、安倍政権の方針を徹底批判!憲法の専門家が、憲法九条の理念と価値を問い直し、安倍政権の安全保障施策の矛盾を指摘!この国を再び戦争に向かわせないために。今“平和の岐路”に立つすべての日本人、必読の書。日本国憲法の尊さを一貫して伝え続けてきた著者による書き下ろし。日本国憲法の本質である立憲主義の意味、憲法成立の背景、集団的自衛権をめぐる政府の解釈の歴史、安倍政権の安全保障政策、今後の集団的自衛権をめぐる議論の行方までを解説する。ところが、現政府が目指すのは、逆に、内閣が憲法解釈を変更し、内閣の方針に合うように法律を改正し、こうして露払いをしてから憲法の改正を実現することなのです。このような「法の下克上」というべきものを、立憲主義憲法の下では許すわけにはいきません。(本文より)【目次】第一部日本国憲法と平和主義第一章立憲主義と個人の尊重第二章立憲主義と日本国憲法の構成第三章戦争をしない国・日本第二部集団的自衛権行使容認への憲法解釈の変更第一章集団的自衛権の生い立ち第二章日本政府の憲法解釈の歴史第三章安倍政権と安保法制懇第四章集団的自衛権をめぐる論点整理

カゴに追加 1250 円(税別)

「憲法を国民の手にとり戻せ!!」集団的自衛権行使容認へと突き進む、安倍政権の方針を徹底批判!憲法の専門家が、憲法九条の理念と価値を問い直し、安倍政権の安全保障施策の矛盾を指摘!この国を再び戦争に向かわせないために。今“平和の岐路”に立つすべての日本人、必読の書。日本国憲法の尊さを一貫して伝え続けてきた著者による書き下ろし。日本国憲法の本質である立憲主義の意味、憲法成立の背景、集団的自衛権をめぐる政府の解釈の歴史、安倍政権の安全保障政策、今後の集団的自衛権をめぐる議論の行方までを解説する。ところが、現政府が目指すのは、逆に、内閣が憲法解釈を変更し、内閣の方針に合うように法律を改正し、こうして露払いをしてから憲法の改正を実現することなのです。このような「法の下克上」というべきものを、立憲主義憲法の下では許すわけにはいきません。(本文より)【目次】第一部日本国憲法と平和主義第一章立憲主義と個人の尊重第二章立憲主義と日本国憲法の構成第三章戦争をしない国・日本第二部集団的自衛権行使容認への憲法解釈の変更第一章集団的自衛権の生い立ち第二章日本政府の憲法解釈の歴史第三章安倍政権と安保法制懇第四章集団的自衛権をめぐる論点整理

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: やっぱり九条が戦争を止めていた
  • 著者名: 伊藤真
  • eBookJapan発売日: 2014年10月31日
  • 出版社: 毎日新聞出版
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 2.8MB
  • 関連ジャンル: 専門書 政治・経済
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。