書籍の詳細

一郎太を殺すべく、村長率いる島の男衆が動き出した。女衆を暴力で屈服させ、服を脱がし拘束していく。しかし、そこに少女・海の姿はなく……。一方、一郎太がもたらす刺激の虜となった海は、彼を独占するため、島外れの迎賓館に一郎太を監禁していた。少女は自らの破滅を予感しながらも、その小さな身体を刹那の快楽にゆだねていく……。

総合評価
2.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

この島には淫らで邪悪なモノが棲むのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    駄作
    シチュエーション的にはよくある ハーレムもの
    ですが 話の内容は一貫性がなく 内容が入ってこない
    • 参考になった 9
    投稿日:2016年12月17日