書籍の詳細

かつて島に惨劇をもたらした一郎太。彼の生まれ変わりである梶浦を村の住人は恐れ、小百合を見張りに向かわせる。そこで小百合が見たのは、梶浦に官能的な表情を向ける少女・海だった。紅潮する頬、荒くなる吐息、期待に震える小さな肢体――、海は梶浦がもたらす甘美な刺激の虜となっていた。そして、ふたりの淫らな行いを目撃した小百合に、梶浦は手を差し伸べ……。

総合評価
2.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

この島には淫らで邪悪なモノが棲むのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    駄作
    シチュエーション的にはよくある ハーレムもの
    ですが 話の内容は一貫性がなく 内容が入ってこない
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年12月17日