書籍の詳細

ついに“虎徹”がタイから極秘帰国!「押し買い」から街を守るため、志のぶとタッグを組むことになるが…?はたして、巻き起こるのは幸運?災い!? 他、ティアラを巡る大物カップル婚約破棄騒動や、外商・顕ちゃん絶体絶命の濡れ衣事件など、全4編を収録!一家離散事件に関わる重要人物がさらに登場し、“謎”が大きく転じる見逃せない第8巻!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

七つ屋志のぶの宝石匣のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 『のだめカンタービレ』から4年もたっているのですね、二ノ宮知子先生の最新作ということで、かなり期待して読みましたが…面白くなりそうな予感です!今度は「宝石×質屋」という設定でこれまた「知らなかった世界」なのでとても興味深いです。着眼点もすごいのですが1巻を読み終わる頃には「続きが気になる~」となる展開力が素晴らしいです。主人公の質屋の娘・志のぶは宝石のオーラが見える不思議な高校生。そしてそんな由緒ある?質屋に売られた顕(人間・イケメン宝石外商)との絡み、周りのキャラとの絡みがかなり面白いマンガとなっております。いやーなんだか宝石欲しくなりました。出てくる宝石は高いものがやっぱり話的には面白いのですが、安くても想いが込められているものはキラキラ輝いて見えますよね。そんな人間味あるお話も面白いです。そして志のぶが「その宝石は買い取らないで!」となんとなーく感じるものには「何かがある」のです!!今後にも期待が高まる作品です。
    • 参考になった 13
    投稿日:2014年12月26日