レビューはありません
八重と新島襄

2013年NHK大河ドラマの主人公、新島八重とその夫で、同志社の創立者・新島襄の人生の軌跡を、同志社大出身のノンフィクション界の第一人者が描く傑作評伝。襄のライフは私のライフであり、それは又同志社のライフであると思う(八重の言葉)<目次>第1章山本八重の会津戊辰戦争-正史に抗する反骨-八重が心情を洩らした三度の証言-二人の出会いほか第2章脱国者・新島七五三太-一国の柱石養成の事業-八重と襄がいた空間でのある「光景」-襄の少年時代ほか第3章良心の全身に充満したる丈夫-初期同志社に集う人びと-「官許同志社英學校」-「熊本から来た連中」=熊本バンドの大量入学ほか第4章襄亡き後の四十二年-歴史と向き合う日々-襄との別れ-八重の腕に抱かれ「もう逝くよ」とほか対談ハンサム・ウーマンの内に潜む在野精神(ノンフィクション作家保坂正康×同志社総長大谷實)-新島襄は八重なしに存在しなかった-「日本のナイチンゲール」ほか

  • 800(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 8pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。