夢魔とヴァンパイアの夜

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

私は夢魔。ファックしている最中の女の意識下に潜り込み、快感を吸い取る能力を持つ。女の体を利用して、女が感じているオーガズムを感じ、私が男とファックするのだ。今夜も私は、アパートメントの隣の住人の意識のなかにいた。この女は、たくましくて手脚の長いいい男を、いつも連れ込んでいるのだ。すでに女はしとどに濡れ、早くイキたくてたまらないようだ――そして私も。男はいやらしく舌を滑り込ませ、貪るようにキスをした。女と――私と。蜜が溢れるプッシーはぴくぴく震え、男の挿入を待ち受けている。男は私の首筋に鼻を擦り寄せ、湿った舌で舐めまわす……ふいにうめき声とともに歯が当たり、男の口が皮膚を強く吸ったかと思うと、次の瞬間、刺すような鋭い痛みを感じた。私は咬まれていた、人間ではない何者かに。

カゴに追加 200 円(税別)

私は夢魔。ファックしている最中の女の意識下に潜り込み、快感を吸い取る能力を持つ。女の体を利用して、女が感じているオーガズムを感じ、私が男とファックするのだ。今夜も私は、アパートメントの隣の住人の意識のなかにいた。この女は、たくましくて手脚の長いいい男を、いつも連れ込んでいるのだ。すでに女はしとどに濡れ、早くイキたくてたまらないようだ――そして私も。男はいやらしく舌を滑り込ませ、貪るようにキスをした。女と――私と。蜜が溢れるプッシーはぴくぴく震え、男の挿入を待ち受けている。男は私の首筋に鼻を擦り寄せ、湿った舌で舐めまわす……ふいにうめき声とともに歯が当たり、男の口が皮膚を強く吸ったかと思うと、次の瞬間、刺すような鋭い痛みを感じた。私は咬まれていた、人間ではない何者かに。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。