書籍の詳細

黒猫の駅長さんの案内で、夏休みにいつもとは違うルートでの遠回り通学に挑戦した美琴。それは、初めてのふたりでの観光旅行となり、また一緒に出かけたいという気持ちを抱く。駅長さんは、お盆に再び海外の仕事先から帰ってくる美琴の父と婚約者の里穂さんを誘っての鉄道家族旅行を提案する――。★単行本カバー下イラスト収録★

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

黒猫の駅長さんのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ファンタジーは専らキャラ側
    以前言ったようにこの会社の単行本は高いので半額セールから一巻を(^^ゞ。
    構成からファンタジーを連想されようが、話運びは実にリアル。と言うかシビア。

    化け猫の駅長と、メイドまで着くお嬢様の物語だが、話の内容そのものはほぼ必要以上にリアルであり、3-11(後述)やそれに伴う再婚が背景とけっこう話が重い。
    また舞台はこちらでは廃線したJR線(後述)だったりとけっこう現実に即した話運び。

    話においては長閑にボケボケに運んで読みやすくはなってるが、題名や画風に惑わされると面白くないかも。

    モチーフにありがちな題材(本題では敢えてボカしてますが)で内容はけっこう直線で、ファンタジーとしてみるとピンを外すこと請け合いです。

    逆に鉄分の濃い人には意外に細かくお勧めかも。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月13日