レビューはありません
徘徊高齢者、誰が見守る 昼夜出歩く認知症の人たちとどう向き合うか?

「24時間監視しろというなら、お父ちゃん、お母ちゃんにヒモをつけにゃいけんことになる」。2014年4月、外出し徘徊のすえ鉄道事故で死亡した認知症の夫をめぐる裁判で、妻の監督責任を問う判決が出た。「今日一日を乗り切りたい」家族や介護施設や地域は、目が離せない認知症の人とどう向き合えばよいのか。夫と外出中に行方不明になって50キロ以上離れた場所で保護された認知症の妻、若年性認知症の父が外で起こした損害の賠償金を払い続けた息子など数々の涙ぐましい実例をたどり、今後の課題を示す。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:10300文字/単行本換算で14ページ】

  • 200(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 2pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。