書籍の詳細

神父見習いの羊。愛らしい外見と何事にも一生懸命な性格は町の人達に愛されている。羊はある日トマト畑でサミュエルと出会う。煌く碧い瞳と黄金色に輝く髪を持つ完璧な容姿のこの男は、人の体液が好物の進化した魔界のバンパイアだった。キスさえしたことのない清い体をサミュエルに食料として捧げ嬲られるうち、体の喜びを知る羊。自分は単なる食料、それとも?悩む中、羊は中央教会にサミュエルを殺せと銀の杭を渡されるが……。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

仔羊は魔界の伯爵さまの腕の中【書下ろし】のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    魔界のエロはこんな感じ?
    作品中、神父見習いの仔羊と魔界のヴァンパイヤを登場させ「食料」と「Hな捧げもの」関係を設立したようですね。そのうちに神父見習いに対して、魔界のヴァンパイヤの暗殺命令が出され、甘美な関係がどうなるのかと、ハラハラしました。不思議な魔界に入り込んだまま、エッチな余韻に浸れます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月21日